2017年03月30日

ツボを押せば歯の痛みが抑えられる?

歯が痛くなった時に、押さえると歯の痛みが抑えられるというツボがあります。
まずは手にある合谷(ごうこく)というツボです。このツボは人差し指と親指の骨が合流する所のチョット人差し指寄りの所を触ると凹みがあります、そこが合谷です歯科手術用照明LEDライト。言葉では分かり難いので写真で説明するとこのあたりです。

合谷というツボは歯の痛みが抑えられるだけじゃなく頭痛,肩こり,便秘,下痢にも効果があると言われていて歯科レンチ式、さらには精神的な病状の無気力や目眩、精神不安にも効果があるというかなり万能なツボです。
Tosi®手動式歯科インプラント用ハンドピースTX-NL
次に顔にある下関(げかん)というツボです。このツボは耳の前方3センチぐらいの頬骨のすぐ下辺りにあります歯科用インプラント装置。口を開けるとくぼみができるので、口を開け閉めしながら探すと分かり易いかもしれません。

左右にあるこのツボを強めに同時に押すように揉むと歯の痛みが抑えられる効果があるようです。
私自身は歯が痛くなった事がないので効果があるのか自分自身で確かめる事ができませんが、今度周りの人で歯が痛いと訴えてる人にやってもらおうかと思います。

関連記事

上顎歯列のずれ、歯科矯正必要? 歯性か骨性かの判断を
  

Posted by teeths at 17:54Comments(0)TrackBack(0)