2017年04月20日

タバコを吸うと歯周病になりやすい?

タバコはやっぱり百害あって一利無し?

タバコを吸うと、癌になる可能性が高くなるとか言われていますが、歯周病や虫歯にもなりやすくなるとも言われています。

その前に歯周病って何?という方 >>

喫煙者と非喫煙者とでは歯肉の衰えが10~20年早くなると言われています歯科ハンドピース用 カートリッジ。それにより、歯槽膿漏になったりするんですね。その原因はタバコを吸うと体内では活性酸素が発生し、それを体内から消そうとするとビタミンCが多く使われるのです。アマルガムミキサーそれによりビタミンCが不足してしまいます。ビタミンCが不足すると老化現象が早く進むと言われており、同時に歯肉も老化していくようです。
歯科用アマルガムミキサー HL-AH G5
それだけでなくタバコに含まれるタールにより、歯周病や虫歯の原因といわれる歯垢や歯石を歯牙につきやすくしてしまうようです。
あと、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があり、歯肉の血行を悪くさせます歯科用切削研磨セット。そうなると歯周病菌に対する抵抗力が低下するため、歯周病になりやすくなります。
これだけでなく、タバコというのは白血球の働きを低下させるようで、菌に対する抵抗力がかなり落ちるようです。
調べれば調べるほど、タバコって害ばかりのようですね。

関連記事

口臭測定器と口臭外来について
  


Posted by teeths at 23:24Comments(0)TrackBack(0)