2017年04月24日

歯の再生に成功

この研究で世界の歯科医療が変わる??

日本歯科大学内で構成された研究チームが、人間の歯根膜を使用して世界初『人間の対外で歯を再生する』という事に成功したという報道がありました口腔内照明器

これは『人間の歯根膜の細胞を培養して作ったシート状のものをマウスの歯冠の部分を包んで培養液に入れたところ、約一ヶ月で歯根と歯根膜なども形成され、ほぼ完全に再生された』ということです歯科用切削研磨セット
さらに、この再生された歯をマウスに移植したところ、しっかり移植されて、機能も問題なかったようです。
この技術は今進化し続けているインプラントに代わる治療になるかもしれないと期待されるようですボトル付きスケーラー。でもまあ、実用化はまだまだ先でしょうね・・・
インプラントというのには歯根膜がありません。これがまあ大事で、歯根膜によって人は噛み締め感があるわけです。
それがないと噛み過ぎで歯冠にあたる上部構造が割れてしまうことがあるようです。
もし歯根膜も回復するとなると・・・これは凄い成果かもしれないですね。
歯科コードレス口腔内用照明装置MaxBiteDB-138
関連記事

銅による殺菌効果により期待される歯科治療法・ドックセメント
  


Posted by teeths at 22:34Comments(0)TrackBack(0)

2017年04月24日

将軍綱吉は熱心に歯を磨いていたようです。

当時は歯磨きは塩が中心でした、塩を松の葉と―諸に竹筒に入れて焼き、 それに味をつけて歯をみがいたのだそうです。根管材料電気加熱注入器
将軍はブラッシングに用いる「塩」にこだわりをもっていた様ですね。
将軍家御用達の歯磨き粉としての塩は、三河の国の吉良藩が納めていたようですが、その頃、にわかに人気急上昇してきたお塩が赤穂のお塩だったんです。歯科手術用照明LEDライト歯磨き用のお塩として人気が出てきたようです。
赤穂の人たちは、将軍に自慢のお塩を献上します。こだわりを持つ将軍綱吉公は、この塩がたいそうお気に召し「お上御用達」というお墨付きまで出してしまいました。

患者モニタCMS7000二重NIBP圧力保護システム内臓

 それまで将軍家御用達だった吉良のお塩、吉良の殿様はこれで困ってしまったようです。
 赤穂浪士の討ち入り事件というのは、元を正せば、将軍様の歯磨き粉を巡って始まったものだったようですね。

 神戸三宮インプラントセンターには、歯科用インプラント装置入れ歯ではうまく噛めない・発音がうまくできない・口臭が気になるなどいろいろな理由で悩まれている方がたくさん相談に来られますが、インプラントをされてからの生活は大きく変わるということを患者さんから教えていただいています。
関連記事:母乳と虫歯の関係  

Posted by teeths at 11:06Comments(0)TrackBack(0)