2017年05月04日

歯医者

室町末期には、幕府医官として口中医がいました。
江戸時代になると、幕府や藩には、お抱えの 口歯科、口中科を専業にする医師が、口、喉、歯の治療をおこなっていました。
治療費は高かったのでしょうね。
治療できるのは、スリーウェイシリンジ用 ノズル上層階級やお金持ちの人だけだったようです。

江戸時代に虫歯で悩む人々は、痛みがうすれるように、次のような民間療法に頼っていました。

神仏に祈願するするものとして、参拝、奉納、お払い、願掛け、病除けのお守り等があります。
僧侶・神官による加持祈祷もあったようです。サージカルテープ

RESmart®CPAP持続的陽圧人工呼吸器装置BMC-660-01

おまじないとして、祈祷師による病封じの加持祈祷なども行われたようですね。
鍼、灸(はり、きゅう)
生薬などの民間療法、家伝薬、売薬または漢方医学等がありました。スリーウェイシリンジ用 ノズル

虫歯の我慢できないほどの痛み。神仏にすがりたい気持ちも分ります。現代でも風習は残っていますよね。

神戸三宮歯科センターでは、治療計画を立てる際にとても重要な世界最新のCT、解析ソフトなど一般の歯科医院にはない設備を揃えております。安心して治療頂けます。

関連記事:歯を失った時の最初の歯科医院の選び方はとても大切です。  

Posted by teeths at 10:51Comments(0)TrackBack(0)