2017年06月06日

カバの歯大きい!姫路の動物園で園児が歯磨き体験

 「歯と口の健康週間(4~10日)」に合わせ、姫路市立動物園(兵庫県姫路市本町)は5日、雌のカバ希望子の歯磨きを行った。訪れた市内の園児らはカバの歯の大きさに驚いた様子で、思わ ず一緒に口を開いていた。歯科用ルートエレベーター


 同週間に毎年実施しており、今年で6回目。歯科衛生士による虫歯予防教室も同時に開き、子どもたちに歯磨きの大切さを教えた。

 希望子の歯磨きには、市内の保育園や認定こども園などから約180人が参加した。大好物のリンゴを食べようとしたところを、長さ約1?3メートルの歯ブラシで磨く予定だったが、この日はご 機嫌斜め。飼育員が約1時間声を掛け続け、ようやく口を開いた。待ちくたびれた園児の顔にも元気が戻り、大きな口と歯に歓声を上げた。アマルガムミキサー


 姫路若葉保育園(同市苫編)の女児(4)は「家に帰ったらカバさんみたいに歯磨きをする」と話していた。

予防軽視は保険制度とも関連
  

Posted by teeths at 15:37Comments(0)TrackBack(0)