2017年06月26日

どうすればいい? 歯並びが悪い部分の虫歯ケア

歯並びが悪い部分は、虫歯になりやすくなります。この場合、どのようにケアしていけばいいのでしょうか?

今回は、歯並びの悪さと虫歯との関係、そして歯並びが悪い部分のケアについて、歯科医師に詳しい話を聞いてきました。

歯並びが悪くなる原因
先天的な原因
生まれつき、あごの大きさと歯の大きさのバランスよくない場合、歯並びが悪くなりやすいです。

後天的な原因
以下のような習慣や状況を放置していると、歯並びが悪くなります。 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー


・口唇や舌によって歯を押したりするくせ
・左右のうち片側ばかりで噛む
・頬杖をつくくせ
・うつ伏せに寝る習慣
・歯が抜けたまま放置している
・咬み合わせが合わず、歯が寄ったり、歯が伸びたりする

歯並びの悪さと、虫歯・歯周病の関係性 超音波スケーラー用チップ

歯並びが悪いところは プラーク(歯に付着している粘着性の沈着物)が溜まりやすいうえに、歯磨きで落としにくいので、そこから虫歯が発生します。
また、歯と歯肉の境目にプラークが溜まると 歯周ポケットが深くなり、歯周炎が進んでしまいます。

さらにあごや咬み合わせの影響で「口呼吸」になると、口の中が乾燥してプラークが落としづらくなることに加え、口臭も出やすくなります。

歯並びが悪いところの歯磨きの仕方
歯並びが悪い部分は磨きづらいので、次のような工夫が必要です。

・毛先が細い歯ブラシを使う
・ワンタフトブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなど、補助的なオーラルケア用品も併せて使う
・歯並びの悪い部分は、時間をかけて丁寧に磨く
・液体歯磨きを使う

「液体歯磨き」と呼ばれているデンタルリンスを使って薬液を歯の隅々まで行き届かせると、取れにくいプラークも歯ブラシで落としやすくなります。

口から食べると表情が生き生きしてくる  

Posted by teeths at 16:36Comments(0)TrackBack(0)