2017年07月10日

まったく合わない差し歯…どう対処すればいい?

不具合ばかりの差し歯について、歯の専門家にご意見を伺いました。

『 30万円も払ってそのようなことがあっては、それは嫌な思いをなさいましたね。良心的な医院であれば再度支払いはなしで治してくれると思います。(歯科衛生士) 』 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

『 しかし、自由診療(自費)では、その医院が全ての決定権を持っています。30万円の契約をする際に、何らかの契約書などは交わしましたか? そこに保証期間や、修正に関しての取り決めが記載されていれば、それに準じて治してもらえる可能性があります。(歯科衛生士) 』

『 しかし…今回の場合は怪しい気がします。30万円、自費の前歯のセラミックで装着前に患者さま自身に色の確認をしてもらわないで接着してしまうような医院ですから…。(歯科衛生士) 』 超音波スケーラー用チップ

『 普通は自費の前歯であれば、接着前に鏡で色見や形を確認してもらうと思います。ですが、どちらにせよ、早目に医院に連絡し、対応してもらうのが良いのではないかと思います。あまり期間が経つと、使用方法のせいにされる可能性もあります。(歯科衛生士) 』

『 せっかく高いお金を払って被せたものが、納得いかなければ困りますよね。保険の効かない歯科治療はとても高価になりますから、やはりより納得のいく仕上がりにしてほしいものです。ちなみに保険で作る被せものは、レジンというプラスチック製の素材を利用して作っています。対して、保険外の被せものはセラミックを使って作ります。(歯科医) 』

http://uraelo.tian.yam.com/posts/199189018  

Posted by teeths at 15:03Comments(0)TrackBack(0)