2017年08月17日

受付からデジタルX線まで--歯科診療所の最新テクノロジを体験

 ありがたいことに、テクノロジの変化について説明することは、歯を抜くのに比べれば、はるかに苦痛が少ない。たとえ当の体験が、歯を抜くという行為そのものに不快なほど近いものだとしても。筆者がそれを実感したのは、ワシントンDCにある新しい歯科診療所を訪ねようと考えたときだ。その歯科診療所に行ってみると、意外なことに、過去に訪れたことのある診療所を全て合わせたよりも多くのテクノロジに出会った。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 さらに印象的だったのは、テクノロジがその診療所に溶け込んでいたことだ。この診療所でそれを「導入」したと示すために、わざとらしく取り付けてあるのでもなければ、近代化しようと努力して取り入れてはみたが、調和しておらず、効率化できていない、という状況でもなかった。超音波スケーラー用チップ 筆者の財布は寂しくなり、歯はきれいになった。そしてテクノロジだけではなく、受付での見事なサービスと、歯科衛生士と歯科医の熟練した処置にも感銘を受けた。この記事では、筆者が出会ったテクノロジと、それが重要な理由をまとめた。

http://athena.namjai.cc/e208491.html  

Posted by teeths at 17:57Comments(0)TrackBack(0)