2017年10月03日

“現役歯科医が書き上げた歯科ミステリー”という衝撃作

株式会社旭屋書店
旬な作家の意外な素顔が・・・?旭屋書店「本TUBE」ピックアップ本、著者出演インタビュー企画!【旭屋書店主催イベント:著者出演インタビュー 歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

旭屋書店では、10月21日から各店舗で“斬新×ミステリーな一冊"にて、作家・七尾与史の新刊『歯科女探偵』をご紹介&本書をフィーチャーした『本TUBEニュース』コーナーを設置!連動して、1億人の本と本屋の動画投稿サイト「本TUBE」のスペシャル企画、ピックアップ本の著者への直接インタビューも開催!今回は、『歯科女探偵』発売を記念し、七尾さん自身に、作品についてじっくりと語っていただきました。超音波スケーラー用チップ

旭屋書店では、作家・七尾与史さんの『歯科女探偵』発売を記念し、著者インタビューを実施した。七尾さんといえば、2010年、「このミステリーがすごい! 」大賞での編集部推薦枠に入り、『死亡フラグが立ちました! 』でデビュー。「死亡フラグ」シリーズ、「山手線探偵」シリーズ、テレビドラマ化もされた「ドS刑事」シリーズで人気の推理作家だ。また同時に、現役歯科医でもある稀有な肩書きの持ち主である七尾さん。本作は、“現役歯科医が歯科ミステリーに挑戦する”という初の試みが詰まった一冊である。

本作は、主人公である美人歯科医・月城この葉が、周囲で起こる日常の謎や連続殺人事件に挑むミステリー。患者の歯を見て、人となりを見抜き、事件解決を図るという非常に斬新な内容だ。
「現実には有り得ないようなことですが、洞察力を以てすれば有り得ることです。その人の歯を見ると、生活形態とか性格とか精神面に至るまで、その人の色んなものが出てきます。例えば女性の部屋が凄い綺麗だとして、クローゼットを開くとそうではないのと似ていて、その人の闇が詰まっていたりするんです。」

https://uraelo.tian.yam.com/posts/206150817
  

Posted by teeths at 12:40Comments(0)TrackBack(0)