2018年01月05日

欧米の診療スタイルを取り入れた国際水準の歯科医院

 「新百合ヶ丘南歯科」の高山院長(日本顎咬合学会 咬み合わせ認定医)は、「欧米先進国では、かぶせ物入れ歯、根の治療、歯周病、歯列矯正、口腔外科などそれぞれの専門医がチームで一人の患者さんを診察する『インターディシプリナリーアプローチ』が浸透してきています。他の先進国と比べ、日本では海外と同レベルの歯科専門医制度が確立されておらず、また、健康保険制度を中心とした治療制限があるため、患者さんがベストな治療環境で診察を受けられないのが現状です」と語る。そのため、長年口の中の悩みが解決されずに困っている人や、一度治療した箇所の再治療が高頻度で必要になる人などが多く見受けられるという。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 「当院では、『長期的にお口の中の環境を安定させる』ために、欧米を中心とした先進国で行われているスタンダードな診療スタイルを取り入れ、保険診療にとらわれない自由診療システムで全ての治療、処置を行っています」 超音波スケーラー用チップ

https://uraelo.tian.yam.com/posts/213287100  

Posted by teeths at 14:52Comments(0)TrackBack(0)