2018年03月10日

三叉神経痛などの神経痛が原因の歯の痛み

歯には異常がなくても、歯の神経が繋がっている中枢部分の神経に何らかの障害があることで起こる急激な痛みです。三叉神経痛の場合、瞬間的に発作的な強い痛みが起こり、「電撃様疼痛」とも言われます。痛みの出現のきっかけは、歯磨きやひげ剃り、談笑などのわずかな刺激によって起こることもあります。痛みの強さや場所などが必ずしも同じではないこともあります。歯科やペインクリニックなどでも相談ができます。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

■帯状疱疹が原因と考えられる歯の痛み
帯状疱疹ウイルスが三叉神経に影響すると、夜も眠れないほどの痛みが1日中続く急性症状が現れることもあります。慢性症状になっても歯の痛みが残ることもあるため、治りにくい歯痛と呼ばれています。ペインクリニックや麻酔科などに相談してみる方が良いこともあります。超音波スケーラー用チップ

■心筋梗塞や狭心症などに関連した歯の痛み
心筋梗塞や狭心症などに関連して歯が痛くなったり、運動すると歯の痛みが増すようなケースもあります。内科や循環器内科などで対応することになります。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13459.html  

Posted by teeths at 12:09Comments(0)TrackBack(0)