2018年03月24日

不正、不当請求74万件 診療報酬13.5億円を返還へ

 診療報酬の不正、不当な請求で厚生労働省から戒告の行政措置を受けた群馬大医学部附属病院(前橋市)は23日、2015年3月までの5年間の診療行為を点検した結果、約74万件の不正、不当請求が見つかったと発表した。過大に受け取った13億4500万円を健康保険組合などに返還する。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 記者会見した今泉一宏・昭和地区事務部次長は、多額の返還による病院財政への影響は大きいとしつつ、「経費節減に努め医療サービスは低下させない」と述べた。多数の不正、不当請求があった理由を「医師も事務も認識不足があった」と説明し、意図的な架空請求は否定した。超音波スケーラー用チップ

 内訳は(1)医科の不正請求が約5000件(返還額1億2800万円)(2)医科の不当請求が約67万5000件(11億4000万円)(3)歯科の不当請求が約6万件(7700万円)。

http://teeths.asukablog.net/未選択/「いびきかいてたよ」と彼に言われショック!枕から診療  

Posted by teeths at 14:40Comments(0)TrackBack(0)