2018年05月08日

新興株7日 ジャスダックとマザーズが続伸

 7日の新興企業向け株式市場で、日経ジャスダック平均株価は続伸した。終値は前営業日比19円10銭(0.48%)高い3982円60銭だった。決算発表の本格化を控え東証1部の大型株の上値が重くなる中、相対的に値動きの軽い新興企業銘柄に買いを誘った。外国為替市場で円安が一服したため、内需関連銘柄にも資金が流入しやすかった。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 ジャスダック市場の売買代金は概算で508億円、売買高は8181万株だった。月次売上高を前週末に発表したマクドナルドが堅調で、創薬支援事業のカルナバイオ、システム構築のIXナレッジも上昇した。半面、歯科・産業用高速回転機器メーカーのナカニシ、ネット求人大手のエンジャパンは下落した。超音波スケーラー用チップ

 東証マザーズ指数も続伸した。終値は前営業日比3.35ポイント(0.29%)高い1151.08だった。航空機リースのJIAや創薬ベンチャーのそーせい、アルバイト採用代行のツナグSが上昇した。一方、携帯ゲームのミクシィは下落した。人工知能(AI)開発のパークシャやHEROZも安かった。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/05/1000.html  

Posted by teeths at 17:18Comments(0)TrackBack(0)