2017年04月18日

虫歯にさせない!仕上げ歯磨き

小さなお子さんを虫歯にさせないように、1本2本と歯が生え始めたときから「歯磨き」を習慣づけましょう。

・口の中がよく見える体勢で!
仕上げ歯磨きは、歯医者さんが治療をするのと同じような体勢が理想的です。歯科ハンドピース用 カートリッジ子どもの頭を膝の上に乗せて固定すれば口の中が良く見えるので、しっかりと確認しながら磨くことができます。最初は嫌がったりしますが、徐々に慣れるでしょう。

・歯ブラシを正しく握って、軽くみがく!口腔内カメラ
歯磨きは、力を入れる必要はありません。力を入れすぎてしまっては痛くて子どもも嫌がってしまいますし、歯茎を傷つけてしまったり歯を削りすぎてしまう恐れもあるので気をつけましょう。鉛筆を持つように握るといいのではないでしょうか。

Greeloy®歯科用ポータブル診療ユニット-GU-P206 ライト付き

お母さんがあまりにも頑張りすぎると、お子さんは歯磨きが嫌いになるかもしれません。アマルガムミキサー楽しく遊びながら行えるように、気持ちいいと思わせるように、お子さんに時々話しかけながら、軽く歯ぐきのマッサージをするような感じで、工夫してみてください。嫌がっているときは、あまり無理強いしない方がいいです。

吹田市のまつもと歯科では、電話による無料相談を行っています。歯のことでお悩みやご質問がありましたら、お気軽にお電話下さい。カウンセラーがお一人おひとりのお話をおききします。
関連記事:乳歯の虫歯


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t11833
上の画像に書かれている文字を入力して下さい