2017年04月24日

歯の再生に成功

この研究で世界の歯科医療が変わる??

日本歯科大学内で構成された研究チームが、人間の歯根膜を使用して世界初『人間の対外で歯を再生する』という事に成功したという報道がありました口腔内照明器

これは『人間の歯根膜の細胞を培養して作ったシート状のものをマウスの歯冠の部分を包んで培養液に入れたところ、約一ヶ月で歯根と歯根膜なども形成され、ほぼ完全に再生された』ということです歯科用切削研磨セット
さらに、この再生された歯をマウスに移植したところ、しっかり移植されて、機能も問題なかったようです。
この技術は今進化し続けているインプラントに代わる治療になるかもしれないと期待されるようですボトル付きスケーラー。でもまあ、実用化はまだまだ先でしょうね・・・
インプラントというのには歯根膜がありません。これがまあ大事で、歯根膜によって人は噛み締め感があるわけです。
それがないと噛み過ぎで歯冠にあたる上部構造が割れてしまうことがあるようです。
もし歯根膜も回復するとなると・・・これは凄い成果かもしれないですね。
歯科コードレス口腔内用照明装置MaxBiteDB-138
関連記事

銅による殺菌効果により期待される歯科治療法・ドックセメント



この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t11868
上の画像に書かれている文字を入力して下さい