2017年05月16日

歯には原因がない歯痛って?

歯を治療しても痛みが治まらない!
 -非歯原性歯痛とは
 多くの場合、歯の痛みの原因は、むし歯や歯の中の神経、あるいは歯肉をはじめとした歯を支える組織にあります。これらが原因の症状を「歯原性歯痛(しげんせいしつう)」と呼び、歯科での治療により治まるのが一般的です。
 しかし中には、歯や歯の周り、歯肉などに痛みを感じるものの、歯科での診察やX線検査などを行っても異常が見つからない場合もあります。このように「歯に原因がない」にもかかわらず、痛みが出ている症状を「非歯原性歯痛(ひしげんせいしつう)」といいますスリーウェイシリンジ用 ノズル。歯科医院を訪れる患者の3%がこれに該当し、9%は歯原性歯痛と混合しているともいわれています。
スリーウェイシリンジ用 ノズル 100本
 「非歯原性歯痛」は、歯科医においてもあまり認知されておらず、そのため抜歯などの必要ない治療が行われてしまうことがあります。これでは、痛み本来の原因が取り除かれたことにはなりません歯科研磨機。痛みが解消されないので、歯科医院を転々とするケースや、心身に大きなダメージを受けてしまう人も少なくありません。
「非歯原性歯痛」の原因と治療法
 -痛みの原因は「歯」以外にあった!
 「非歯原性歯痛」の原因は歯以外にあり、その治療の対象も歯ではありません。なぜ痛みが引き起こされるのでしょうか。その原因を見ていきましょう。
 <咀嚼筋(そしゃくきん)の痛みによる歯痛>
 歯をかみしめるクセや強いストレスなど、頭や首の筋肉の緊張状態が長く続くことで症状が出ます。とくに、下あごのエラの部分から頬骨にかけての「咬筋(こうきん)」が原因で、下の奥歯に痛みを感じることが多くありますスリーウェイシリンジ用 ノズル。また、こめかみから下あごのつけ根あたりにある「側頭筋(そくとうきん)」により、上の奥歯に痛みを感じることもあります。痛みは持続的で、一度消えたと思っても、筋が異常に緊張すればまた再発します。
 <神経障害性の歯痛>
 末梢から中枢の神経に何らかの不調が生じる神経痛の一種です。
 ●三叉神経痛による歯痛
 「三叉神経痛」は、顔の感覚を司る三叉神経に、激しい痛みが繰り返し起こります。その痛みが歯に広がったり、歯に触ったことで発作が起きたりすることがあります。歯への麻酔により発作が消える場合もあるので、歯の病気に間違えられることも少なくありません。
 ●帯状疱疹による歯痛
 「帯状疱疹」は、水ぼうそうの原因でもある水痘・帯状疱疹ウイルスが活性化し、神経の炎症を引き起こす疾患です。ピリピリとした痛みを伴います。炎症が顔の真ん中あたりに起きると上あごの歯、炎症が顔の下なら下あごの歯に、歯髄炎(歯の中の神経や血管などが炎症を起こして腫れる疾患)に似た症状が現れることがあります。
 ●外傷性有痛性三叉神経ニューロパチー
 「外傷性有痛性三叉神経ニューロパチー」は、外傷、歯の神経の除去、外科手術後の損傷などが原因で神経が損傷し、ジリジリした痛みが続きます。脳や脊髄(せきずい)での原因も考えられるものの、解明されていない部分が少なくありません。抜歯した箇所が持続的に痛みを感じるケースもあります。
 <神経血管性の歯痛>
 頭の片側だけが発作的に痛む「片頭痛」、一日に何度も目の奥が激しく痛む「群発頭痛」は、歯髄の痛みとも似ることがあり、歯の痛みと誤解しがちです。多くの場合、上あごの奥歯が痛みます。
 <精神面に原因がある身体症状としての歯痛>
 うつ病といった精神的な不調も、歯の痛みを引き起こす場合があります。また、「身体表現性障害」による症状の場合もあります。これは、体に異常がないにもかかわらず、精神的な要因で痛みなどの不調が出る病態です。
症状改善のために
 2012年に「非歯原性歯痛診療ガイドライン」ができたこともあり、対応している歯科医も増えてきているようです。インターネットなどで適切な診断を受けられる歯科医院を探し、相談してみるのもいいでしょう。
 また、歯科で治療を受けても痛みが取れず、なおかつ歯以外にこころや体に不調を感じている場合は、その専門医を受診しましょう。その際、医師に歯の痛みがあることを伝えてください。
 歯の痛み以外の不調について思い当たらないなら、ペインクリニックなど痛みの専門医を受診することをおすすめします。近年は大学病院をはじめ、口や顔、頭の痛みの専門外来を設けている医療機関も増えています。原因を突き止めたのちは、不調のある部位や分野により、神経内科、脳神経外科、頭痛外来、耳鼻咽喉科、精神神経科など、歯科以外の診療科での治療が必要になる場合もあります。

関連記事

歯科医が永久的に虫歯に打ち勝つ方法を考案



この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t12015
上の画像に書かれている文字を入力して下さい