2017年06月13日

歯磨き後のゆすぎは1回でいい

「歯磨き後のゆすぎは何回がいいか」
1回、3回、5回のうち正解はどれか。答えは「1回」だ。歯磨き粉の有効成分は歯を磨いた後も口の中に残っており、少しずつ唾液と混ざり合って効果を発揮する。だから何回もゆすいでしまうと有効成分と唾液の両方が失われ、効果が落ちてしまう。それだけ虫歯予防に唾液が重要なのだ。アマルガムミキサー

ところで、そもそも虫歯とは何か。日本大学歯学部付属歯科病院の病院長?宮崎真至医師がこう解説した。

宮崎医師「虫歯とは虫歯菌が歯の表面にくっついて仲間を増やしていくことから始まります。住みご心地が良くなるようプラーク(歯垢)という固まりを作ります。人間が食べ物を食べると虫歯菌が糖を食べて酸を出し、だんだんと歯が溶かされて虫歯になるのです」 歯科用ルートエレベーター

近年、大人の「隠れ虫歯」が増えているという。痛みを感じないため、自分に虫歯があることに気づかないのだ。子どもの虫歯は、エナメル質が溶けて神経がむき出しになるので痛みを感じる。大人になるにつれ、エナメル質が緻密になるため虫歯になりにくくなる。しかし、年齢とともに歯茎が下がってくると、今まで歯茎に守られてきた弱い部分の象牙質が虫歯になるのだ。

宮崎医師「成熟した歯は、外から受けた刺激から神経を守るために象牙質が内側に膨らんでいきます。そのため、虫歯がかなり進行してもなかなか痛みを感じないので、『沈黙の虫歯』と呼ばれています。そして、痛みを感じた時にはバキッと歯が折れてしまい、手遅れになってしまうことが多いのです」

http://shinshu.fm/MHz/61.15/archives/0000532765.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t12188
上の画像に書かれている文字を入力して下さい