2017年07月12日

ラジオと大竹まこと3/失敗を恐れず負けて強くなれ

大竹まこと(68)が、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(平日午後1時)の放送10年を記念して、ニッカンスポーツ・コムの取材に応じた企画の第3回は、大竹と医師で作家の鎌田實氏(69)との対談の模様を伝える。同局の「鎌田實×村上信夫 日曜はがんばらない」(日曜午前10時)に大竹が初出演。同世代の2人が若者に「負けて強くなれ」とのメッセージを送った。

大竹が放った直言が、最近ネット上で議論を巻き起こした。6月下旬、民放局で、将棋の連勝記録歴代1位の29連勝を達成した藤井聡太四段(14)について「誰か止めろよ」と発言した一部分が切り取られ、ネットニュースとして配信され“炎上”した。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

大竹は、鎌田氏との対談の冒頭でこの件について触れた。

-鎌田さんと大竹さんの番組で共通しているのは、生き方について語ること。若者が夢を持ちにくい、生きにくいとされる時代で、若い人に伝えたいことはありますか

鎌田 世の中に怖いものは、それほどない。もっと自由に生きていいんじゃないかな? 若い人が元気でいれば、日本はもっと面白くいい国になると思う。超音波スケーラー用チップ

大竹 誰だって失敗しないように生きたいさ。でも、1番大事なのが失敗だと思う。先日、テレビとラジオで「藤井四段を誰か止めろ」と発言したことがあった。俺は藤井四段が嫌いではないし、勝ってほしいと思っている。でも29連勝した時、誰かが止めた方がいいと正直に思った。若い人たちは本当に失敗するの嫌でしょ? 触る前からヤカンが熱いのが分かっているから触らない。それじゃあ挫折しない。

http://uraelo.tian.yam.com/posts/199465857


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t12406
上の画像に書かれている文字を入力して下さい