2017年09月27日

歯のブリッジの種類や費用・デメリットを徹底解説!

治療による抜歯や事故などで完全に歯を失った場合、いくつかの治療法があります。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

その中のひとつ「歯のブリッジ」とは、抜けてしまった歯を補うため、連結した被せ物の人工歯を両隣の歯に橋のように渡して入れる一般的な治療法。超音波スケーラー用チップ

本数や位置などいくつかの条件を満たせば保険が適用され、比較的安価で短期間での治療が可能ですが、他の治療法と同じく一長一短です。

ここでは具体的なメリットとデメリット、治療の手順や費用などを他の治療法も含め解説していきます。
歯のブリッジのメリットとデメリットとは?

治療を決める前に、まずブリッジのメリットとデメリットを知っておきましょう。
メリット1:白い歯を入れられ、見た目が自然

部分入れ歯のような金属のバネがないため目立ちにくく、自然な見た目が得られます。
また保険診療でも、前から3番目までの歯であれば内側にのみ銀色の金属が使われ、白い歯を入れることができるので人目につきにくいでしょう。

保険適用の奥歯の場合は銀色の被せ物を使いますが、自由診療では奥歯も白い歯を使うことが可能です。
選ぶブリッジ素材によっては変色のないものもあり、目立ちにくく美しく治療することができます。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/205529959


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t12837
上の画像に書かれている文字を入力して下さい