2017年10月31日

歯周病定期検査とセルフチェックを欠かさぬようにしよう

歯周病の予防は認知症リスクの低減だけにとどまらず、年齢を重ねた人なら誰もが注意すべきこと。そのためにも、早期発見につながる定期検査とセルフチェックは欠かせない。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

川崎さん「歯周病を放置していると、歯を支えている歯周組織(歯槽骨や歯根膜)が破壊されます。やがて、歯がぐらつき始め、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。

歯周病の早期発見のためには、定期的に歯科へ行って、検査をすることが何より大事です。歯茎から出血がないか、口臭の有無、歯茎の腫れ、歯がぐらぐらしないかなどが初期症状なので、日常的に気にするようにしてください」 超音波スケーラー用チップ

■毎日のケアに歯間ブラシやデンタルフロスを加えることでリスクが低減する定期検査のほか、自分で積極的にケアをすることも重要。習慣化したいのが、プラークコントロールだ。日々のケアで、歯周病リスクはかなり抑えられるという。

川崎さん「歯周病のケアで一番重要なのは、プラークコントロールです。プラークコントロールとは、歯ブラシやデンタルフロスなどを使ってプラーク(歯垢)を、歯や歯と歯茎の隙間から取り除くことです。これは自分でできることですので、正しい歯磨きの仕方を身につけて、毎日実践すると良いでしょう」

■最後にアドバイザーからひと言
「認知症予防のためにも、歯周病ケアは今のうちから習慣化させるようにしましょう!」

https://uraelo.tian.yam.com/posts/209096248


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13009
上の画像に書かれている文字を入力して下さい