2018年01月16日

台湾最高裁、歯科医師に母親への「養育費」返金命令

台湾の最高裁は2日、養育費の返金を求める実母から訴えられていた歯科医師(41)に対し、約2233万台湾ドル(約8485万円)を支払うよう命じた。この歯科医は20年前に養育費を返金するという契約を母親と交わしていた。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 歯科医師の母親は1990年に離婚し、1人で息子2人を育てた。老後の世話を頼める人物がいないことを心配した母親は、両方の息子が20歳に達した後に、それぞれの収入の手取りの60%を母親へ支払うことを定めた契約を息子たちと交わした。最高裁は同日、歯科医師は契約を順守しなければならないと判断した。超音波スケーラー用チップ

 現地報道によると、母親は息子たちが女性と交際を始めてから自分を無視していると主張し、交際相手の女性たちからは弁護士を通じ「息子をわずらわせるな」という手紙まで届いたと訴えた。母親は息子たちが契約を守ることを拒否した8年前、訴訟を起こした。長男は母親との和解のためにこれまでに500万台湾ドル(約1900万円)を支払っている。

 しかし次男は、子育ては金銭的に評価されるべきではなく、契約は「良き慣習」を冒とくするものだと主張し、母親と法廷で争うこととなった。下級審で次男側が勝訴したことを受けて母親は控訴し、裁判は最高裁まで争われた。

 最高裁は、契約時に次男は成人していたため契約は有効で、さらに歯科医師であることから母親への返済能力はあると認めた。

 台湾では近年、高齢者を見捨てたり虐待したりする事例が増えており、年老いた親の面倒をみない成人に刑罰を科す法律の制定が叫ばれているが、今のところ法案は可決していない。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/214315145


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13346
上の画像に書かれている文字を入力して下さい