2018年01月29日

歯科医師の逮捕歴削除認めず グーグル検索、東京高裁

 横浜市で診療所を開設している歯科医師の男性が、自分の名前をインターネットで検索すると過去に逮捕された事実が表示されるとして、検索サイト「グーグル」を運営する米国の法人に、検索結果の削除を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は25日、請求を棄却した一審横浜地裁判決を支持し、男性の控訴を棄却した。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 男性は訴訟で、逮捕からは既に10年以上が経過していると主張したが、阿部潤裁判長は「今なお歯科医師としての資質に関わる事実として、公共の利害に関するものだ」と指摘した。超音波スケーラー用チップ

 判決によると、男性は歯科医師法違反の疑いで逮捕され、罰金50万円の略式命令を受けた。

https://uraelo.tian.yam.com/posts/215044000


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13400
上の画像に書かれている文字を入力して下さい