2018年05月11日

相沢まき 妊娠を告げた歯科医でレントゲン…

 タレントの相沢まき(38)が9日に更新したブログで、歯痛のため訪れた歯医者で、妊婦と伝えたのにレントゲン撮影をされ、また、麻酔治療を積極的にすすめられるなどの対応を受けたことを明かした。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 相沢は「歯医者さんは先週、近所で口コミで探して行った所で怖い事たくさん言われて」とし、「少し圧が強くて何となく通うのが不安になって」しまったことを記した。

 「妊婦だと伝えてもレントゲン撮影をして、更に歯の状態がよくないから麻酔して早急に神経取った治療を、、みたいな感じだったんです」と妊婦であることを考慮してくれなかったと訴えた。超音波スケーラー用チップ

 相沢はやむを得ず歯科医を変更。新しいところについて、「《妊婦さんはレントゲンは念の為やめましょう》との事で、とっても丁寧な対応で、そんなに緊急にって程の状態でもないから麻酔は今はやらないで、虫歯の進行を遅らせる薬を詰めて、産んでから麻酔して治療しましょうと」と妊娠していることを考慮してくれたと記した。

 相沢はさらに新しく行った歯科医について、「出産の時も麻酔使ったりするからダメという訳ではないんですが、無事出産された後の方がお互いにより安心して治療出来るからその方がいいのでは?と。赤ちゃんの為にも無理はしないで、出産したら一緒に来てもらって大丈夫ですよーとの事でした 有難い」と親切に対応してもらったことを感謝した。

 相沢は「同じ歯医者さんでも言われた事や説明の仕方が全然違う 正直、何が正しいのかとかは分かりませんが、自分が納得して気持ちよく通えるクリニックを選ぶのが大事だなーと」と病院選びの大切さを記した。

http://dentaljp.blogspot.com/2018/05/102401198.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13568
上の画像に書かれている文字を入力して下さい