2018年06月06日

歯と口の健康週間、保育園で歯みがき指導(岩手県)

4日から始まった「歯と口の健康週間」にあわせて、盛岡市の保育園では園児を対象にした歯みがき教室が行われた。これは盛岡市歯科医師会などが、毎年市内の幼稚園と保育園を対象に行っているもの。歯科技工用技工機器

4日は津志田つばさ園の年少組から年長組までの園児61人が、歯科衛生士による紙芝居と寸劇を楽しみながら「食べたら歯をみがくこと」や「おやつの時間を決めてよくかんで食べること」などを約束した。年長組の園児を対象に歯の染め出しをして正しい歯の磨き方を教えてもらう。歯科レントゲン

けさ、朝ごはんを食べた後に歯みがきをして登園したという子どもたちだが、歯と歯の間や、歯の根元部分は「みがき残し」がいっぱい。子どもたちは鏡を見ながら赤く染まった部分を丁寧にブラッシングし、ピカピカに磨き上げていた。盛岡市歯科医師会では、永久歯が生えはじめるこの時期に家庭でも正しい歯みがきへの意識を高めてほしいと話している。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13611.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13616
上の画像に書かれている文字を入力して下さい