2018年07月19日

「目立たない矯正」で治療に専念を

 矯正歯科専門医院として2007年に開院した「ひらの矯正歯科」。子どもの歯列矯正を始め、様々なケースに対応する。歯科技工用技工機器

 まとまった時間が取れる夏休みは、歯列矯正のチャンス。「学校の歯科健診で、不正咬合の欄に〇がついていたのですが…」という保護者からの相談に、「必ずしも矯正の必要はありません」と平野院長は話す。その上で、「小児期に治療を行っておくと、永久歯を抜かずに歯並びを治せる可能性が高くなります」とアドバイス。早期治療のメリットを説明する。歯科レントゲン

 「笑った時に矯正装置が見える」「顔の印象が変わってしまう」などの悩みが多い矯正治療。同院では不安を解消しようと、”目立たない矯正治療”に力を入れる。

 歯の裏側から装着する器具「リンガルブラケット」は、様々な噛み合わせに柔軟に対応。年齢制限なく使用するケースが増えている。透明なマウスピース型装置「クリアライナー」は取り外し可能で衛生的。顔の印象を保てることが特徴だ。

 事前カウンセリングで、充分に理解してもらうことを大事にする同院。「料金や治療期間など気軽にご相談を」と呼び掛ける。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13696.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13699
上の画像に書かれている文字を入力して下さい