2018年07月30日

3Dプリンティング技術による人工歯(入れ歯)の実用化

ポイント
3Dプリンティング技術を用い、破損しにくく、患者に最適な人工歯(入れ歯)の短時間製造を実現 歯科技工用技工機器
国内初の3Dプリンティング用医療機器としてコバルトクロム合金粉末が厚生労働大臣から承認
従来の歯科鋳造に代わる新たな「歯科デジタルものづくり」による歯科治療が可能に 歯科レントゲン

概要
国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」)健康工学研究部門【研究部門長 達 吉郎】生体材料研究グループ 岡崎 義光 上級主任研究員は、株式会社アイディエス【代表取締役 荒木 政幸】(以下「アイディエス」)と共同で、3Dプリンティング用コバルトクロム合金粉末の薬事承認を取得し、患者に最適な人工歯を用いた歯科治療を可能にした。医療機器開発ガイドラインなどを参考に、現在の歯科治療に用いられ生体との適合性に優れたコバルトクロム合金の粉末を用い、製造条件の検討、各種性能試験を行った。歯科治療に用いるため必要となる医療機器としての承認は、アイディエスが取得した。歯科医院で口腔内のデータを取得し、歯科医師の指示に基づき、歯科技工処理を行い、患者に最適な形状の人工歯を設計する。設計データに基づき、医療機器として厚生労働省に登録された3Dプリンティング(三次元積層造形)装置を行いて積層造形する。造形材の表面仕上げ後、臨床使用する。破損やアレルギーに対するリスクが少なく、歯科鋳造では困難で長時間を要する立体構造の人工歯(補綴修復物)が短時間で造形できる。これらの技術により、歯科鋳造や切削加工での作製に比べて、製造時間の短縮、信頼性が向上すると共に、口腔内データがデジタル化され、製品設計が迅速化できる。また、必要に応じて同じ製品をすぐに作製できる利点もある。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13717.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13720
上の画像に書かれている文字を入力して下さい