2018年08月15日

一時的には支払えるが、長期的には立て直しは困難?

まとめますと、補助金の返還が57億円~184億円。

損害賠償が受験料と合わせて14億円~26億円。歯科技工用技工機器

合計すると、71億円から210億円にもなります。

東京医科大学は今のところ預金が277億円あります。そのため、補助金返還・損害賠償の累計が210億円だったとしても支払いは可能です。

ただし、預金の相当額が消えることになりますし、長期的にはイメージの悪さから附属病院への来院者数も減少。医療収入が大きく落ち込むこともあり得ます。歯科レントゲン

そうなると、東京医科大学単独での生き残り・再建は長期的にはかなり難しいことが予想されます。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13746.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13748
上の画像に書かれている文字を入力して下さい