2018年08月21日

恐怖!いくらかかるの?歯科料金事情

筆者が住んでいるメルボルンは歯科治療費が高いと言われています。メルボルンだけではなくオーストラリアは全体的に非常に高額で、例えオーストラリア人だろうが、永住者だろうが国民保険(メディケア)には歯科治療は含まれていないのです。歯科技工用技工機器

海外旅行保険や留学保険なども歯科治療はカバーされていないものがほとんどだと思います。そのため、歯の治療だけはきちんとしてから留学やワーキングホリデーに行け!とよく言われているのです。ただ、どんなに予防してきたとしても突然詰め物が取れたり、歯が欠けたりなど様々なトラブルが起こるのは長い滞在中可能性が無いとは言い切れません。すぐに日本に帰れないということもあり得るのです。歯科レントゲン

さて、そんな時にはやはりこちらの歯医者さんにお世話にならざるを得ません。筆者も実は最近こちらの歯医者にお世話になったのですが、プライベートの歯医者は容赦無く高額請求してくる所も沢山あります。

最初に筆者は、被せ物が取れて、少し郊外の日本語で対応してくれるクリニックに行きました。その結果、なんと被せ物が取れただけなのに、根管治療まですることに。その治療費と被せ物の料金などでざっと5000ドル。血の気が引きました。1000〜1500ドルくらいで済めばいいかなと思っていただけにだいぶ驚きました。その被せ物の下の歯が神経に近く、そこが虫歯になっているため根管治療をしなければならないということでした。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13758.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13761
上の画像に書かれている文字を入力して下さい