2018年08月29日

「長期保存用 ガム・デンタルリンス」一般向け販売開始

 サンスターグループ オーラルケアカンパニー(以下サンスター)は、歯周病菌とたたかう「G・U・M(ガム)」ブランドより、防災備蓄として5年間の長期保存ができ、災害避難時など水が貴重なときに、水がなくても歯がみがける液体ハミガキ「長期保存用 ガム・デンタルリンス」を2018年9月18日(火)よりサンスター通信販売にて一般向け販売を開始します。歯科技工用技工機器

 口腔内を清潔に保つことは、お口の健康だけでなく、身体の健康にもつながります。しかし、災害時は断水やオーラルケア用品の不足といった理由から、口腔内を清潔に保つことが難しくなることがあります。サンスターでは、災害時のオーラケアの大切さを伝え、ハブラシや液体ハミガキなどのオーラルケア用品を防災備蓄に加えることを推進する活動を続けています。昨年からは、通常有効期間が3年であるガム・デンタルリンスのボトルを、アルミ袋で密閉することで5年間の保存を可能にした防災備蓄用の「長期保存用 ガム・デンタルリンス」を開発し、行政や企業に向けて販売しています。このたび、個人でも購入したいというお声を受け、一般向けにも販売を開始します。災害避難時など水が少ない状況でも、水を使わずにお使いいただけ、殺菌成分の入った液体ハミガキで歯をみがくことにより口内環境を清潔に保つことができます。歯科レントゲン

 近年、地震や豪雨の発生で防災への意識が高まっています。災害時には必要な避難物資が入手できるまでに数日かかることもあるため、いつ起こるかわからない災害には日頃からの備えが大切です。ハブラシや子ども用ハブラシ、液体ハミガキなどのオーラルケア用品を防災用品に加えることをオススメします。

http://teeths.fukuokablog.jp/e13774.html


この記事へのトラックバックURL

http://teeths.fukuokablog.jp/t13775
上の画像に書かれている文字を入力して下さい